英語力倍増?本気で機能アップをしてきたCASIO EX-word XD-U4800

xdu4800

現在の高校生に必要な英語運用力と、電子辞書に求められるもの

企業のグローバル化に伴って
中学や高校でも、「英語を使う力」を問う試験問題が増えています。

文部科学省が昨年12月に発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」
によると、2014年度から改革を進め、2020年までに高校の授業内容を高度化し、
高校卒業時点で英検2級から準1級を目標にするということです。
(現行では英検準2級から2級程度を目標)

現在の大学入学時の平均的な英語力が3級くらいであることを考えると(難関校は除く)
今後かなり急ピッチで英語力の強化が図られることに……。

4技能

大学入試でも、これまで日本人が弱かった「話す・書く」という英語で発信する能力を
問う問題が増えるということです。

大学では既に、英検・TOEIC・TOEFLといった資格試験に注目しているところも。
高校在学中に英検2級等を取得すれば、学費免除(または一部支給)
という大学が増えています。
→日本学生支援機構(旧・日本育英会) 各大学の奨学金制度

優秀な学生がほしいということでしょうね。
志望校の制度をチェックして、もらえるものは、もらっておくほうがお得です。

実用的な英語に興味があるなら、こうした資格を英語学習の目標に加えるのも、
一つの手です。

こういう流れを受けてか、高校生向けの電子辞書も
特に英語のコンテンツが充実してきていますね。

XD-U4800の強化内容

2014年1月発売のカシオ エクスワードXD-U4800でも、
「書く・話す」の発信型の技能を強化するためのコンテンツや機能が強化
されています。

「話す」技能を試される試験では、その場で文を組み立てて話すことが必要になりますが、
普段、発音の練習や、短くてよく使われる表現を話す練習をしていると
言葉がパッと出てきやすくなります。

隙間時間にでも、XD-U4800の『英語の発音がよくなる本』
『リトル・チャロ NY編』『英会話とっさのひとこと辞典』
のようなコンテンツを
使うのがお勧めです。

「発音」については、録音機能がついて、自分の発音とネイティブの発音を聞き比べて
確認し、直していくことも可能に。
(詳しくは「XD-U4800録音機能|発音の聞き比べって効果はあるの?」の記事参照)

「書く」練習には、中学の復習から難関大学受験レベルまでそろった
『ゼロから始める英文法シリーズ』や、『徹底例解 ロイヤル英文法』、
『表現のための実践ロイヤル英文法』
が頼りになります。
↑これは英語ネイティブの教授が日本語で書いた、分かりやすい解説書で、
例文もすぐに使える実践的なものです。

「話す」ためには、もちろん相手の言ったことを「聞き取る」ことが必要になりますが、
XD-U4800にはリスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3冊も加わりました。
(詳しくは「XD-U4800『英語の耳』がリスニングの救世主に!」の記事に)

さらに、話すために必要になる(そして英語の点数アップに即効性のある)
「語彙力の強化」に特化したアイテムとして、手のひらサイズの
デジタル単語帳 EX-word with XC-U40 も今年、発売されました。

収録されている1,900語の英単語と、エクスワードXD-U4800から
USB経由で送った単語帳や検索履歴の英単語を覚えるためのもので、
発音も聞けます。

日本人の英語力の強化で長年ネックになってきたのは、「話す」技能でした。
発音の問題が解決すれば、英語学習における問題は9割がた解決する
と言ってもいいくらいなのに、学校の授業だけでは対応が間に合っていないのが実情です。
なるべく早いうちから各自が考えて、補強しておくべきと思うことに
取り組んでいくといいですね。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

CASIOエクスワードXD-U4800『英語の耳』がリスニングの救世主に!

XD-U4800

近年、英語のリスニングのための教材が、各レベルに応じてたくさん出てきました。
発音記号や単語の発音から始まって、
音のつながり(リエゾン)や文の抑揚(イントネーション)から文意をつかむなど、
初学者用から実用向けまでそろっています。

カシオのエクスワードXD-U4800などの電子辞書にも
中学の復習から難関大学受験までに対応した辞書・学習書が収録され、
それらを最大限に生かすための機能がついてきました。

2014年発売のエクスワードXD-U4800(最新モデル)は、
2013年発売のXD-N4800に比べ、
英語の辞書類の強化や、録音機能の追加が行われて、
特に「書く・話す」の発信型の英語に力が入れられています。

自分のペースで学べるテキストと音声『NHKラジオ英会話』1年分、
かわいい子犬のチャロの物語で楽しく英語を勉強できる
アニメ『リトル・チャロ NY編』1年分の他に、
XD-U4800には、リスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3冊
が追加されました。

英語の耳

これは英語を母語とする外国人の発音を繰り返し聞いて、
英語を聞き取る力を養うのに役立つシリーズです。
文字で読めば分かるのに、耳で聞いただけでは分からないという状態から、
ネイティブ特有の正しい英語の発音に耳を慣らしていきます。

聞くといっても、ただ普通に聞いていると、
聞き取れるようになるまでに長い時間がかかりますね。
そこで、このシリーズでは、英語の発音の仕組みを分析してまとめられた、
発音のルール = リスニングのルールを、よく使われるものから順に効率的に学びます。

英語は、非常にゆっくり話すときには、一単語ずつ発音されることもありますが、
普通の速さで話すときには、話しやすくするために音を変化させますね。

たとえば lot of は一単語ずつ発音すると「ラット・アヴ」ですが、会話の中では
前の単語の最後の「ト」が、次の単語の最初の「ア」とつながる(リエゾンする)ときに、
弾むような音に変化して「ラダヴ」に聞こえます。
(「BASICSリスニング基本30のルール」Basic Rule 5 参照)

英語の耳-画面
(実際はカラー表示です)

変化のルールを覚えていけば、すべての音の発音と聞き取りができるようになります。
Check it out. 「チェック・イット・アウト」は「チェケラゥ」になるなど、
初めて見るフレーズも、ナチュラルスピードではどう話すかの予想がついたり、
初めて聞いたフレーズも、つづりが思い浮かんで意味が理解できるようになっていきます。
学校の授業や試験やTOEICなどのスピーキング・リスニング対策になりますね。

発音と聞き取りについて、あやふやなところがなくなると英語に自信が持てるし、
何より、分かると楽しいので英語の勉強がはかどります。

テキストと音声がまるごと入っているので、順番に見ていく他にも、
通学の電車の中などの隙間時間に、興味を持った項目から少しずつ聞くのでもいいですね。

さらに、2014年発売のXD-U4800・XD-U4900には、録音機能もついたので、
自分の発音と、お手本の外国人の発音を聞き比べることもできるようになりました。
聞き比べて自分の発音を直していけば、「聞く・話す」の技能が同時に底上げできます。

録音したものを並べて何度か聞き、解説を読むと、もう少し口を大きく開けるんだとか、
もっと唇をすぼめて暗い音にするんだとかいうのが感覚として分かるので、
発音の苦手を克服したり、自信を持って発音ができるようになります。

聞いたけだけではよく分からなくても、
上記でご紹介した『絶対「英語の耳」になる! シリーズ』や、
『英語の発音がよくなる本』などを使って、言葉による説明を読んでから練習すると、
効率的に正しい発音を手に入れられる
と思います。
(どちらもXD-U4800・XD-U4900に収録されています)

英語は「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能を並行して身に付けるのが一番効率がいい
というのは昔から言われていましたが、ようやくそのための道具が身近になったようです。

エクスワードXD-U4800の現在の価格については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

EX-word XD-U4800録音機能|発音の聞き比べって効果はあるの?

xdu4800

2014年1月に発売されたカシオの電子辞書エクスワードXD-U4800は、
昨年モデルの収録辞書を改善し、さらに録音機能が追加されています。
電子辞書でここまでできるようになったのには驚きです。

おすすめは、自分の英語の発音を録音して、収録されている外国人の発音と聞き比べること。
この聞き比べというのは、高校時代に私もやっていました。
少し時間がかかりますが効果はバッチリです。

お手本を聞いて発音しているだけだと「なんとなく」になってしまい、
これでいいのかどうかよく分かりませんが、
並べて聞かされれば、違いは歴然。

聞き比べて、自分の発音のどの音がどう違って聞こえるのかが分かると、
そこに注意が向いて、その場で直していけるのです。
自分の発音が直ると、不思議と聞き取りも楽になりました。

今、考えると当然なんですが、自分にとって簡単に発音ができる音というのは、
簡単に聞き取れますよね。日本語と同じように。
聞き比べは、スピーキング対策だけではなく、リスニング対策にも大いに役立ちました。

使い方は簡単。英和辞書の単語や、英会話の会話文など、練習したいコンテンツを開き・・・

  1. お手本を聞いて覚える
  2. 聞き比べ1

  3. 録音モードに変わったら、キーボード左下にあるマイクに向かって発音する
  4. 聞き比べ2

  5. 聞き比べる
  6. 聞き比べ3

エクスワードXD-U4800やXD-U4900には、
『絶対「英語の耳」になる! シリーズ』『英語の発音がよくなる本』など、
英語の発音の方法(舌の形や、音のつながり方)を言葉と音で説明してある教材も

入っています。
これらに書いてある通りに練習すれば、
当時の私より、ずっと精度の高い学習ができると思います。

それから、自分の発音を録音すると、声の聞こえかたの問題も解消します。
自分が話しているときに聞こえている声は、頭蓋骨を伝わって聞こえる「骨導音」と
空気の振動を通して伝わる「気導音」の合わさった音ですが、
相手に聞こえるのは、もちろん「気導音」のみです。

日本語でも録音された自分の声は細く聞こえますが、
英語では声が細いと非常に聞き取りにくくなるので、まずそこに気付くことが重要です。
少し大げさなくらい「はっきり・大きめに・強弱を意識して」発音すると、
外国人にもよく通じるようになりますね。

就職や昇進などにも英語の運用力が重要視されるようになった昨今、
学校の成績や大学受験だけではなく、将来のために、
使える道具はすべてそろえ、勉強しておいて損はないと思います。

今後、英語の資格試験でもリスニングやスピーキングの能力は
ますます重視されるようになるでしょうし、
実際に仕事で英語を使う場面が増えることは確実です。

早く英語の音に慣れて恐怖心や苦手意識を捨て、できるという実感を持つことが、
英語の習得にとって、何より大切かもしれません。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る