シャープPW-SH1とカシオXD-U4900比較 英語に強いのはどっち?

XD-U4900とPW-SH1の英語辞書の違い

xdu4900_color

2014年に発売された高校生向け電子辞書の中で、英語系の辞書が特に充実しているのは、
カシオのエクスワードXD-U4900(XD-U4800の英語強化モデル)(写真上)と
シャープのブレーンPW-SH1(写真下)
です。

pw-sh1_color

XD-U4900とPW-SH1を比較したときに、最初に目につくのは外観だったりするけれど
(PW-SH1はキーボード部分を360°折り返して見られる)、電子辞書を毎日使っていると、
「電子辞書が一番威力を発揮できるのは、英語系の辞書が充実しているものだ」
と気付きます。

国語辞典を引いて分からないということは、あまりありませんが、
英語に関しては、「本当に役に立つ辞書が複数」入っていないと、
実用レベルに達しない
と感じる方も多いのではないでしょうか。

そうでないと、文脈の中で英単語一つの意味を特定するのも大変です。
そして「本当に役に立つ辞書」というのは、収録語数が多いのはもちろん、
その一つ一つについて的確な訳や解説が与えられている
ものです。

教科書に出てくるような文章なら中型の学習辞典で十分訳せますが、
長文読解問題に取り組むようになると、途端に難しくなってしまいます。
学習辞典の訳語は、よく使われるものを載せているだけだからです。

少ない情報を基に何とか訳をひねり出そうとしても、なかなか思いつかず
時間ばかりかかって、しかも分かったような分からないような
あいまいな感覚や不安が残ってしまいます。

それくらいなら、大型辞典にあたったほうが絶対に早いです。

たとえば他動詞 yield を学習辞典で引くと、だいたい

  1. 利益などを生む、収穫などをもたらす
  2. 権利などを放棄する、明け渡す、譲る

くらいの意味しか載っていません。

カシオのエクスワードXD-U4900に収録されている『リーダーズ英和辞典』で引くと、

  1. 生ずる、産する; 利益などをもたらす、…の利益を生む
  2. 許す、与える、譲る; 譲渡する、明け渡す、放棄する
  3. ≪努力などに応じて≫<物事が秘密などを>(ついに)明らかにする
  4. 支払う、償う、報いる

が載っています。

The universe will never yield up its secret.
という文を訳すとき、『リーダーズ英和辞典』の3. を読むと
「宇宙はその秘密を明かすことはないだろう。」という訳がすぐに得られます。

『リーダーズ英和辞典』と『リーダーズ・プラス』は
翻訳家や通訳者といった英語のプロにも愛用者の多い辞書ですが、
評価が高いのは、28万語+19万語=47万語という収録語数と、
その言葉が使われる様々な場面における適切な訳語が見つけられるためです。

あと、語源も載っているので、同じ語源の単語が増えていくほど覚えやすくなっていくのも
いいところ。

結局、文法などの確認ができる中型の学習辞書で最高峰の『ウィズダム英和辞典』
大型英和の『リーダーズ英和辞典』&『リーダーズ・プラス』
膨大な例文を収録した中級の英英辞典『オックスフォード現代英英辞典』(通称OALD)
の組み合わせが最強だというのが、いろいろな辞書を使ってみての感想です。

この4冊はすべてエクスワードXD-U4900に収録されています。

もともと英語は文法だの、単語の使い方(前置詞など)だの、調べなくてはいけない項目が
多いので、つい1冊を隅々まで読むことですべてを解決しようとしてしまいがちですが、
こうした辞書をまとめて一度に検索したほうが(補い合って)早く解決するものです。

(XD-U4900とXD-U4800に共通の検索機能については
かんたんサーチ複数辞書検索の記事をご覧ください)

教材と電源

eigo_kyouzai

辞書以外でも両者を比べてみると、カシオのエクスワードXD-U4900は
リスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3コンテンツ
英語の発音のルール(=聞き取りのコツ)を学べるのが大きく違います。

英会話アニメ『リトル・チャロ NY編』(全話収録)
今すぐ使える英会話表現を楽しく覚えられたり、
英検・TOEIC・TOEFL対策本が充実している点でも優れています。

収録コンテンツからは話がそれますが、
私としてはかなり重要だと思うのが、電源の違いです。

シャープのBrain PW-SH1は、内臓のリチウムイオン充電池。
1回の充電で50時間使えますが、この充電池は自分で交換することはできず、
次に充電できるまでACアダプターを使うしかありません。
学校で使っていると、不意の電池切れに対応できません。

EX-word XD-U4900のほうは単3形乾電池2本で130時間使用可能。
充電式の eneloop、EVOLTA も使えます。
予備の電池を持っていれば、学校でも自分で交換できるので、
時間を気にせずに使えますね。

お値段は、エクスワードXD-U4900のほうが
1,500~4,500円ほど高くなりますが(カラーによって違います)、
追加のSDカードで買うと12,960円する大型辞書が入っているので、
英語をしっかり頑張りたい方や、長く使いたい方には、お得ですね。

エクスワード XD-U4900と ブレーンPW-SH1 について
詳しくは、ヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。
下記のリンクから現在の最安値価格がリアルタイムで確認できます。

<カシオ エクスワード XD-U4900>
⇒XD-U4900 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4900 楽天で最安値を見る

<シャープ ブレーン PW-SH1>
⇒PW-SH1 Amazonで最安値を見る

⇒PW-SH1 楽天で最安値を見る

2014年カシオEX-word高校生向け新製品は英語系教材も強化

xdu4800_3

2014年に発売されたカシオ EX-wordシリーズの新製品 XD-U4800は、
高校生の間で人気の高い電子辞書です。
各教科の勉強や入試対策に必要なものが吟味され、収録されています。

今回は英語系の教材・学習書の収録内容について詳しくご紹介します。
英語系の辞書についてはこちら

高校生の英語学習には何が必要か

最近の教科書の文法解説は、親世代のものほど詳しくないし、
習う英単語の数も、以前の「中学と高校の合計で2,200語まで」から、
(2013年より実施されている新学習指導要領では)「3,000語以上」に増えましたが、
それでも親世代に比べると約半数です。

それなのに卒業までに修得が求められる英語力は年々高くなっています。
それを各自、副読本・参考書・学習書・辞書などで補っていかなければなりません。

高校1年生では、学校の勉強の進め方などに慣れるのに大変で、
まだピンと来ないかもしれませんが、
例えば3年生になってから急いで詰め込むよりも、
なるべく早く始めて、少しずつやっていったほうが、かえってラクです。

ただ、今の時点で何をどれだけ学習するべきかを自分で考えて決定するのは難しいので、
必ずやらなければならないことから取り掛かることになると思います。
進みたい方向が決まってから、過去問を解いたりして自分に必要なものは何かを考え、
そこへプラスしていけばいいですね。

EX-word XD-U4800収録の英語系教材

カシオのEX-word XD-U4800には、教育現場で評価の高い副読本や、
受験生の間でよく売れている学習書
先輩たちの間で人気のあった定番の学習書が収録されているので(アンケートを実施)、
書店で一つずつ購入して使ってみるよりも効率的に教材を選べると思います。

例えば英単語なら、まずは受験の定番『英単語ターゲット1900』
『英単語ターゲット1900 実戦問題集』で必須の1,900語、
『COCET2600 理工系学生のための必修英単語2600』、
『キクタン』で英文の中でよく使われる順の2,000語→4,000語→6,000語。

必要に応じて『キクタン英検3~2級』→『英検Pass単熟語 3~2級』、
『新TOEIC®テスト 英単語・熟語マスタリー2000』→『キクタンTOEIC®Test Score 500』
というように道筋が示されているので一人での学習も、
直接点数に結びつく=効果を実感しやすいものから順に進めていけますね。

単語以外にも、文法やTOEICの問題の解き方など、
各シリーズの易しいものから順に
見ていって、自分に必要なところから学習していけば、
「何を勉強したらいいの?」という状態にならないですむので、無駄がなく、
安心感があっていいと思います。

XD-U4800には、エクスワード独自の
リスニング教材『絶対「英語の耳」になる!』シリーズ3冊や、
英会話学習アニメ『リトル・チャロ NY編』
『NHKラジオ ラジオ英会話』『英会話とっさのひとこと辞典』などの英会話表現集など、
社会人になっても使えるレベルの教材も収録されているので、
苦手意識を克服したい方から、実践的な英語力を身につけたい方まで
使える内容になっています。

さらに今年はハード面も強化。
EX-word XD-Uシリーズから実装された録音機能を使い
自分の発音とネイティブの発音を聞き比べて
スピーキング・リスニングの力をアップさせたり、
別売りの手のひらサイズのデジタル単語帳 EX-word with XC-U40で
単語暗記学習を効率化することもできます。

英語学習のための道具がぎっしり詰まった EX-word XD-U4800。
現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

ウィズダム英和収録のCASIO EX-word XD-U4800、更に英語に強く!

xdu4800_3

さらに英語系の辞書・学習書を強化した、CASIOの電子辞書EX-word XD-U4800は、
2013年のXD-N4800よりも英語系が5コンテンツ増えて63コンテンツになっています。
今回は英語系の辞書について詳しくご紹介します。

国語辞典なら、詳しい大辞典=『広辞苑』と、普段用の辞典=『明鏡国語辞典』など、
定番の辞書は大体決まっていて分かりやすいのですが、
英語の辞典はどんどん新しいのが出てきて、評価が変わってきてますね。
今はどうなってるんでしょうか?

英和辞典

まず、使用頻度の一番高い英和辞典についてですが、
文法に関する解説を補って正しい解釈を導き出せるようにするなどの、
学習英和辞典としての工夫がどれだけ行き届いているかが
評価の分かれ目になってきています。

教育現場でも口コミ(高校生~社会人)でも、2012年に出た『ウィズダム英和辞典』が
「分かりやすくて使いやすい」
と、学習英和の中では最も評価が高くなっています。
2014年のXD-U4800には、この『ウィズダム英和辞典』が追加収録されています。

和訳をする時に文法や語法をしっかり理解しておくことによって
英作文をする時に必要な「勘」が養われていくので、
ここを目指すなら、やはりこうした解説の詳しい辞書が不可欠ですね。

XD-U4800には他に『ジーニアス英和辞典』『オーレックス英和辞典』
『ベーシックジーニアス英和辞典』もあり、
複数の辞書を一括で検索して引き比べるのも容易なので、
解説も例文もたくさん読めます。

『ベーシックジーニアス』は、丁寧な解説が高校3年生まで使える内容である上に、
発音が発音記号とカタカナの両方で表記されているので、
発音記号がよく分からなくても、とりあえずカタカナでメモをすることができます。
ネイティブの発音も聞けるので、これを使って徐々に発音記号を覚えていくといいですね。

和英辞典

和英辞典は、『ウィズダム』『ジーニアス』『オーレックス』の3冊が入っています。

英英辞典

もう一歩進んで、英英辞典で単語の語義をしっかりつかみたいとなったら、
基本の2,000語を知っていれば読める初級の『ロングマン現代英英辞典』や、
28万語を収録した中級の『オックスフォード現代英英辞典』(通称OALD)も
入っているので、気になった単語だけでも読んでおくと、
のちのち英作文をするときに、パッと単語を選ぶ力がつきますね。

また、『オックスフォード現代英英辞典』には、
WORD BANK という膨大な例文集がついているので、
単語を引けばそれを使った例文が、語義別にずらりと並びます。

その単語に関するいろいろな状況の例文が一気に手に入るので、
これを使うと、単語の使い方が分からなくても、
欲しいところを切り貼りするだけで、今すぐに精度の高い英作文ができます。
これは社会人になっても実務で使える内容です。

教材・学習書

eigonomimi
EX-word XD-U4800にはリスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3冊
新しく加わり、自分の発音を録音してお手本と聞き比べる機能もついたので、
英語のリスニングとスピーキングに不安や苦手意識を感じている方には、
一気に挽回するチャンスになると思います。

つまづいている箇所がはっきりして、解決法も明確に分かるので、
カタカナ読みとネイティブの発音の違いがイマイチ……という方にも。
発音の仕組みから解説してもらえると心強いですね。

他にも、英会話学習アニメ『リトル・チャロ NY編』全話
中学の復習から難関大受験用までそろった文法書類、
英単語集、英検・TOEIC対策本、会話表現集など、それぞれ多数収録しています。

好みやレベルに合わせてコンテンツを使い分けられる、EX-word XD-U4800。
現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

Amazonには、特別英語コンテンツの付いた お得な限定モデルXD-U4805もあります。

アニメ リトル・チャロで楽しく英語学習!エクスワードXD-U4800

xdu4800

なんとなく難しく考えてしまいがちな英語の勉強。
公式のように例文を暗記するのはつらいですね。
言葉なんだから、本来は使うものから順に覚えていけばいいはずです。

charo2

NHKで放映された英語学習アニメ『リトル・チャロ』シリーズは、
かわいい子犬チャロのキャラクターと、奇跡のストーリー展開で
英語のみの世界についつい引き込まれる面白さ。

2008年の『リトル・チャロ NY編』放送開始直後から、
2013年の『リトル・チャロ4 英語で歩くニューヨーク』まで、
大人にも大変な人気でした。

カシオの電子辞書エクスワードXD-U4800(高校生モデル)は、
シリーズ1年目の『リトル・チャロ NY編』の50話全話を収録
しています。

アニメには、英会話本に載っている例文を最初から覚えていくのとは違う良さがあります。

  • ストーリーにつられて先へ進んでいける
  • 会話の掛け合いの間(ま)がつかめる
  • どういう場面ではどう言うという、状況とセリフの関係がつかめる
  • 誰かのセリフを気に入って、覚えて言ってみたいと思う

などなど。

英語を、単語・文法・発音・例文……と覚えていると飽きてしまいがちですが、
ストーリーのある会話表現なら、すぐに使えるのでモチベーションも上がります。

エクスワードXD-U4800では、必要な時に英語の台本が見られるし、
再生された会話に続けて発音練習をするリピーティング機能や、
自分の発音を録音してお手本と聞き比べのできる機能もあるので、
楽しくスピーキングやリスニングの力をつけられるのがいいですね。

テレビ放映とは違い、1年分が全部入っているので、自分のペースで進めます。
自宅はもちろん、付属のヘッドホンを使って、通学の電車や自習室などでも。
1話が短いので、隙間時間などに繰り返し見ると、効率的に覚えられそうです。

charo

『リトル・チャロ』の物語は、異国の地で迷子になったかわいい子犬チャロが、
飼い主の元に帰ろうと繰り広げる、奇跡の冒険物語。
途中で出会う人(や動物たち)とチャロが交わす会話を通して、
自分の分からないことを尋ねたり、気持ちを伝える方法も学べます。

radio

エクスワードXD-U4800には他にも、『NHKラジオ英会話』も1年分収録。
こちらは中級から上級の英会話に挑戦したい方向けです。

「これを英語で何というか」を探して今すぐ使える会話集に、
『英会話とっさのひとこと辞典』『ひとり歩きの会話集』
『怪我と病気の英語力』『とっておきの英会話表現辞典』
『Dr. PASSPORT』『Trouble Passport』

発音の練習に『英語の発音がよくなる本』

リスニングの上達に『絶対「英語の耳」になる!』シリーズ3冊など、
会話から入るための教材が豊富にあります。

勉強スタイルに応じて英会話コンテンツを選べる、エクスワードXD-U4800。
現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

本体のカラー別の最安値価格をリアルタイムでお伝えしている記事こちら
価格を確認してからカラーを決めたい方はこちら↓

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

Amazonには、特別英語コンテンツの付いた お得な限定モデルXD-U4805もあります。

英語力倍増?本気で機能アップをしてきたCASIO EX-word XD-U4800

xdu4800

現在の高校生に必要な英語運用力と、電子辞書に求められるもの

企業のグローバル化に伴って
中学や高校でも、「英語を使う力」を問う試験問題が増えています。

文部科学省が昨年12月に発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」
によると、2014年度から改革を進め、2020年までに高校の授業内容を高度化し、
高校卒業時点で英検2級から準1級を目標にするということです。
(現行では英検準2級から2級程度を目標)

現在の大学入学時の平均的な英語力が3級くらいであることを考えると(難関校は除く)
今後かなり急ピッチで英語力の強化が図られることに……。

4技能

大学入試でも、これまで日本人が弱かった「話す・書く」という英語で発信する能力を
問う問題が増えるということです。

大学では既に、英検・TOEIC・TOEFLといった資格試験に注目しているところも。
高校在学中に英検2級等を取得すれば、学費免除(または一部支給)
という大学が増えています。
→日本学生支援機構(旧・日本育英会) 各大学の奨学金制度

優秀な学生がほしいということでしょうね。
志望校の制度をチェックして、もらえるものは、もらっておくほうがお得です。

実用的な英語に興味があるなら、こうした資格を英語学習の目標に加えるのも、
一つの手です。

こういう流れを受けてか、高校生向けの電子辞書も
特に英語のコンテンツが充実してきていますね。

XD-U4800の強化内容

2014年1月発売のカシオ エクスワードXD-U4800でも、
「書く・話す」の発信型の技能を強化するためのコンテンツや機能が強化
されています。

「話す」技能を試される試験では、その場で文を組み立てて話すことが必要になりますが、
普段、発音の練習や、短くてよく使われる表現を話す練習をしていると
言葉がパッと出てきやすくなります。

隙間時間にでも、XD-U4800の『英語の発音がよくなる本』
『リトル・チャロ NY編』『英会話とっさのひとこと辞典』
のようなコンテンツを
使うのがお勧めです。

「発音」については、録音機能がついて、自分の発音とネイティブの発音を聞き比べて
確認し、直していくことも可能に。
(詳しくは「XD-U4800録音機能|発音の聞き比べって効果はあるの?」の記事参照)

「書く」練習には、中学の復習から難関大学受験レベルまでそろった
『ゼロから始める英文法シリーズ』や、『徹底例解 ロイヤル英文法』、
『表現のための実践ロイヤル英文法』
が頼りになります。
↑これは英語ネイティブの教授が日本語で書いた、分かりやすい解説書で、
例文もすぐに使える実践的なものです。

「話す」ためには、もちろん相手の言ったことを「聞き取る」ことが必要になりますが、
XD-U4800にはリスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3冊も加わりました。
(詳しくは「XD-U4800『英語の耳』がリスニングの救世主に!」の記事に)

さらに、話すために必要になる(そして英語の点数アップに即効性のある)
「語彙力の強化」に特化したアイテムとして、手のひらサイズの
デジタル単語帳 EX-word with XC-U40 も今年、発売されました。

収録されている1,900語の英単語と、エクスワードXD-U4800から
USB経由で送った単語帳や検索履歴の英単語を覚えるためのもので、
発音も聞けます。

日本人の英語力の強化で長年ネックになってきたのは、「話す」技能でした。
発音の問題が解決すれば、英語学習における問題は9割がた解決する
と言ってもいいくらいなのに、学校の授業だけでは対応が間に合っていないのが実情です。
なるべく早いうちから各自が考えて、補強しておくべきと思うことに
取り組んでいくといいですね。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る