EX-word(エクスワード) XD-U4800で単語帳を作る方法2種類

xdu4800_3

電子辞書では、一度の検索で複数の辞書が引けるなどの便利な検索機能のほかに、
簡単に単語帳を作れる、ふせんを貼れる、メモを書き込めるという利点もあります。
エクスワードXD-U4800(高校生モデル)を使って単語帳を作る方法を詳しくご紹介します。

エクスワードXD-Uシリーズで作れる単語帳は2種類。
マーカー単語帳と暗記カードです。

マーカー単語帳

辞書を引いたついでにタッチペンでマーカーを引いておくと、ノートに書き写したり
あとで見直す時に便利ですね(XD-U4800は検索履歴を1,000語記憶しています)。
このマーカーが引かれた状態を、そのまま単語帳に登録できます。

marker1

<登録する>
登録の方法は、登録したい画面で、左のアイコンから[マーカー]をタッチ。
さらに[ペン]をタッチ。好きなところにマーカーを引いて、[登録]アイコンをタッチ。
マーカー単語帳1~6のうち、登録したいところをタッチすると、そこに登録されます。

marker2

マーカー色はピンク・黄色・水色の3色。
マーカーを引く前に、[カラー]アイコンをタッチして選択。
タッチするたびに色が切り替わります。

登録できる数は最大で、一つの単語帳に300語、全体で1,800語。
教科ごとに単語帳を分けたり、
目的ごとに分けて国語辞典の内容も百科事典の内容も混在させるなど、自由に使えます。

(マーカーを引かずに、そのままマーカー単語帳に登録することもできます。)

<見る>
登録した単語を見るときには、メニュー画面の[便利]タブの中の
[学習帳]から[マーカー単語帳]をタッチ。
gakushuutyou

[マーカー単語帳を見る]をタッチ。
マーカー単語帳1~6のうち、見たいものをタッチすると見られます。
marker3

このとき、マーカーが引かれた状態で見るか、
マーカー部分を隠して見るかを選べます。
マーカー部分を隠すと、暗記作業に使ったりテストをしたりできます。

長い英文を訳す時などに、引いた単語をどんどんマーカー単語帳に入れておくと、
その単語が別のところで出てきたときに、
マーカーを引いたところだけ読めば意味が分かるので便利。

よく分からなかった単語が、
2回目に見たときにしっかり分かるということもあります。

操作的にも難しくなく、
マーカー単語帳の画面が出たあとは、見たり削除したりなど感覚で分かるので、
書き取る時間がもったいない、書き取るまでもないという時にもサッと使えます。

マーカー単語帳6は、別売りのデジタル単語帳 EX-word with XC-U40と連携して使えるので
「絶対暗記するもの」はここに入れるようにするといいですね。

手書きの暗記カード

card

タッチペンを使い、手書きで暗記カードを作る方法もあります。
覚えたい英単語・公式・年号などを、表と裏の一組で登録して、
見返したり、発音を聞いたり、テストができます。

「書くと覚えやすい」「自分の字を見たほうが覚えやすい」という方には、
こちらがオススメ。

<登録する>
card1

[学習帳]またはサブパネル(小さいほうの画面)の[暗記カードを作成する]をタッチ。
表面を手書きしてから kettei を押す。
裏面を手書きしてから kettei を押す。
サブパネルの[上記の内容で登録]をタッチ。
登録先の暗記カードを暗記カード1~6から選択して完了です。

登録できる暗記カードは6冊で、各100枚(合計600枚)まで。

ペンの太さはサブパネルの[書く]アイコンをタッチするたびに、
細い→太い→極太と変わります。
文字色は、その下の[色を変える]アイコンで、黒・ピンク・黄色・水色の4色から選べます。

登録の前に、英単語の音声を一緒に登録することもできます。

<見る>
マーカー単語帳と同様に、[学習帳]画面から[暗記カードを見る]をタッチ。
暗記カード1~6から選択して見ます。
表示方法は、表から表示、裏から表示、ランダム、チェックしたもの以外などを選べます。

暗記作業が終わったら、テストも。
テストのときは表か裏のどちらかを隠し、サブパネルに手書きで回答し、
間違えたところは書き取りをするなどの機能もあります。

単語カード派の方は、カラフルでかさばらない電子の単語カードを試してみるのも
いいと思います。
手軽にカラーで書けるのは、結構楽しいです。

エクスワードXD-U4800では、
今回ご紹介した単語帳の他にも、カラー付箋、カラーノートも使えます。

覚えなくてはいけないことがたくさんあっても、辞書を引いたついでに登録したり、
いろいろ試して、しっかり覚えられる方法を自分で見つけたりして、
なるべく楽しく、効率的な勉強ができるところがいいですね。

詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。
下記のリンクから現在の最安値価格がリアルタイムで確認できます。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

簡単に英作文!EX-word XD-U4800なら日本語で5辞書から例文抽出

xdu4800

英作文をするときに、主語は何で、動詞は何で……と考えていって、
「動詞はこれとこれのうち、どっち?」
「この場合の前置詞は?」
と悩み始めて、先に進まないことがありますね。

そもそも何を主語にすべきかで悩むことも。

でも検索機能の充実した電子辞書なら、よく似た例文(実例)を簡単に見つけられるので、
悩む前に調べてしまえます。

CASIOのエクスワードXD-U4800を使って、使いたい日本語1語から、
それを訳に含む英語の例文を一度にたくさん表示させる方法
をご紹介します。

たとえば、「確認」という言葉を使った例文を探す場合。

  1. まずキーボード最上段の左から2つ目「複数辞書検索」キーを押します。
  2. 次に画面上の「日本語キーワードで英語の例文を探す」をタッチします。
  3. keyword1

  4. 次に「確認」と入力するとこんな感じに表示されます。
  5. keyword2

「予約を確認」は confirm one’s booking
「ブレーキが正しく作動することを確認する」は check that the brakes work properly
「安全であるかどうかを確認する」は Ascertain whether they are safe or not.

など、この場合は11件表示されました。
並んだ例文を見て動詞を決定でき、同時に前後の表現もそのまま使えるので、
自信を持って文を完成させることができます。
最初に思い浮かんだ動詞を look, make sure of… と一つずつ引いてみるよりも速いし、
思わぬ動詞がぴったりだと分かって、あっけなく完成ということも。

例文は、『ジーニアス英和辞典 第4版』
『オーレックス英和辞典』
『ベーシックジーニアス英和辞典』
『英会話とっさのひとこと辞典』
『とっておきの英会話表現辞典』
5つの辞典から一度に抽出されるので、同じ動詞でもたくさんの例文が得られ、
より目的に近いものを利用
することができます。

これを繰り返せば、長い文もパズルのように埋まっていきます。

英語は調べ物を早く済ませて、なるべく暗記に時間を使いたいですね。

他にも「かんたんサーチ」など、
用途に応じて多彩な検索機能を使い分けられるエクスワードXD-U4800。
現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

スマホがあっても電子辞書は必要?|CASIO EX-word XD-U4800

xd-u4800_3

スマホを持っている高校生は増えていますね。
総務省の調査によると、全国の高校1年生のスマホ所持率は84%。
ネット辞書の利用も当たり前になっています。

それでも、電子辞書の売り上げは伸びているといいます。
学校の授業で、電子辞書を使って素早く調べる方法を教えることが多くなり、
(授業に集中するため)スマホや携帯の使用/所持を禁止する学校が増えている
などの理由があるようです。

そこで本当にスマホや家のPCで代用はできないのか、どちらがいいのか、
いくつかの点について比較してみました。

<辞書の内容に信頼がおけるか>
まず辞書の内容が最重要ですね。
電子辞書なら収録辞書の選び方が適切だし、
項目ごとの説明文も、ネット辞書のように文字数を制限されず、紙の辞書と同じ内容です。
広告も出ません。勉強に使う辞書としては電子辞書のほうが有利。

<即時性>
PCやスマホでネット辞書を使っていると、表示が遅くて「待たされる」ことがあります。
この待ち時間のために集中力が切れるのはもったいないし、ストレスになります。
電波状況を気にしなくても、「いつでも一瞬で」検索結果を出してくれるという点でも、
電子辞書がいいかも。

<視認性>
ひと目で見渡せる文字数という点では、圧倒的にPCが有利です。
一つの単語に複数の意味を持つ多義語の意味も、下へ向かって視線を動かせば速く探せるし
その単語の持つ大体の範囲や中心義をつかみやすいという利点もあります。

スマホや電子辞書は携帯することが前提なので、画面が小さいのは仕方がないですね。
ただ、スマホよりは電子辞書のほうが一画面当たりの文字数が多く、
エクスワードXD-U4800などのXD-Uシリーズと、XD-Nシリーズでは
画面に直接触れてなぞればゆっくり、弾けば素早く送れるので、
数年前の電子辞書に比べると視認性はかなり上がっています。

scroll

<集中と効率>
メールだとかLINEだとか、勉強の途中で邪魔が入らないということも重要です。
何でもできるスマホで調べものをするのは効率が悪いような気がします。
勉強だけに集中できる電子辞書を使って早く勉強を終え、
そのあと自由時間を持ったほうが、ストレスが少なくていいですね。

<検索の種類>
検索の種類の豊富さについては、やはり電子辞書が一番。
エクスワードXD-U4800でいうと、ラクなのが「かんたんサーチ」
一度検索語を入力すると、複数の辞書を同時に引いて、
該当する項目のリストを出してくれるので、最も早く答えに行き着ける方法です。

かんたんサーチ2

その際、検索語を入力してから検索ボタンを押すのではなく、
調べたい言葉を一文字入力するごとに検索結果をすぐに表示
してくれるので
(インクリメンタルサーチ、または逐次検索というそうです)
最後まで入力する必要さえありません。

一度引いた言葉の説明文の中に分からない言葉があるときに、
それをタッチしてさらに調べる
こと(孫引き)も一瞬です
(連続10回までジャンプできます)。

そこから百科事典の図へ飛んだり、逆に百科事典の図から名前の分からないものについて
調べていくことができたり、英語の辞書のイラストから単語を調べたりと、
面白くてどんどん調べられるのが、電子辞書の楽しさだろうと思います。
 

スマホと電子辞書について比べてみましたが、いかがでしょうか?
高校生モデルといっても、150冊の辞書・学習書・百科事典などの内容は本格的ですし、
側面にある2基のカードスロットに、SDメモリーカードで辞書を足せるので、
10年は使えます。

辞書内にタッチペンで書き込んで単語帳やノートを作ったり、英語などの発音を聞いたり、
自分の声を録音してお手本と聞き比べたりと、勉強のツールとして便利です。

どこにでも持ち歩いて、ちょっと気になったことも調べる、履歴を見直す、
という習慣がつけられるエクスワードXD-U4800。

現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

英語力倍増?本気で機能アップをしてきたCASIO EX-word XD-U4800

xdu4800

現在の高校生に必要な英語運用力と、電子辞書に求められるもの

企業のグローバル化に伴って
中学や高校でも、「英語を使う力」を問う試験問題が増えています。

文部科学省が昨年12月に発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」
によると、2014年度から改革を進め、2020年までに高校の授業内容を高度化し、
高校卒業時点で英検2級から準1級を目標にするということです。
(現行では英検準2級から2級程度を目標)

現在の大学入学時の平均的な英語力が3級くらいであることを考えると(難関校は除く)
今後かなり急ピッチで英語力の強化が図られることに……。

4技能

大学入試でも、これまで日本人が弱かった「話す・書く」という英語で発信する能力を
問う問題が増えるということです。

大学では既に、英検・TOEIC・TOEFLといった資格試験に注目しているところも。
高校在学中に英検2級等を取得すれば、学費免除(または一部支給)
という大学が増えています。
→日本学生支援機構(旧・日本育英会) 各大学の奨学金制度

優秀な学生がほしいということでしょうね。
志望校の制度をチェックして、もらえるものは、もらっておくほうがお得です。

実用的な英語に興味があるなら、こうした資格を英語学習の目標に加えるのも、
一つの手です。

こういう流れを受けてか、高校生向けの電子辞書も
特に英語のコンテンツが充実してきていますね。

XD-U4800の強化内容

2014年1月発売のカシオ エクスワードXD-U4800でも、
「書く・話す」の発信型の技能を強化するためのコンテンツや機能が強化
されています。

「話す」技能を試される試験では、その場で文を組み立てて話すことが必要になりますが、
普段、発音の練習や、短くてよく使われる表現を話す練習をしていると
言葉がパッと出てきやすくなります。

隙間時間にでも、XD-U4800の『英語の発音がよくなる本』
『リトル・チャロ NY編』『英会話とっさのひとこと辞典』
のようなコンテンツを
使うのがお勧めです。

「発音」については、録音機能がついて、自分の発音とネイティブの発音を聞き比べて
確認し、直していくことも可能に。
(詳しくは「XD-U4800録音機能|発音の聞き比べって効果はあるの?」の記事参照)

「書く」練習には、中学の復習から難関大学受験レベルまでそろった
『ゼロから始める英文法シリーズ』や、『徹底例解 ロイヤル英文法』、
『表現のための実践ロイヤル英文法』
が頼りになります。
↑これは英語ネイティブの教授が日本語で書いた、分かりやすい解説書で、
例文もすぐに使える実践的なものです。

「話す」ためには、もちろん相手の言ったことを「聞き取る」ことが必要になりますが、
XD-U4800にはリスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』3冊も加わりました。
(詳しくは「XD-U4800『英語の耳』がリスニングの救世主に!」の記事に)

さらに、話すために必要になる(そして英語の点数アップに即効性のある)
「語彙力の強化」に特化したアイテムとして、手のひらサイズの
デジタル単語帳 EX-word with XC-U40 も今年、発売されました。

収録されている1,900語の英単語と、エクスワードXD-U4800から
USB経由で送った単語帳や検索履歴の英単語を覚えるためのもので、
発音も聞けます。

日本人の英語力の強化で長年ネックになってきたのは、「話す」技能でした。
発音の問題が解決すれば、英語学習における問題は9割がた解決する
と言ってもいいくらいなのに、学校の授業だけでは対応が間に合っていないのが実情です。
なるべく早いうちから各自が考えて、補強しておくべきと思うことに
取り組んでいくといいですね。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

2014年CASIO電子辞書エクスワード新製品は勉強道具として優秀か?

カシオ エクスワードXD-U4800
XD-U4800

全生徒に電子辞書を持たせて、授業で使う学校が多くなってきました。
最初は、重い紙の辞書を何冊も持ち歩く不便をなくすためかと思っていましたが、
他にもいろいろな理由があるようです。

電子辞書の性能が上がり、紙の辞書よりも検索が格段に速く、調べ物の時間を短縮できる、
一度の検索で辞書の引き比べができる、履歴を残せるので何度でも見返せる、
辞書を引いたついでに電子版の単語帳が作れる、
どこにでも持ち歩いて、ふと気になったことも気軽に辞書を引くようになるなど。

さらに一歩進んで、
「電子機器の操作に慣れた世代が、より効率的に学習を進める方法を知り、
この先の時代にも適応できるようにするため」
というような意味も大きいようです。
会社の業務同様、スピードが求められているのです。

「単語は(紙の)辞書で丹念に引き、何度も書かなければ覚えられない」
などと言われていた親世代とは隔世の感があります。
現在は電子のフラッシュカード(リングとじの単語カード)を次々にめくり、
発音を聞き、綴りと発音と意味を同時に覚えていくのが効率的
とされています。

私も(仕事で英語を使うので)英単語を覚えるときに
電子版のフラッシュカードを使うようになったのですが、
紙の単語帳を作るのに疲れて、今日はおしまいと言っていた頃とは効率が全く違います。

辞書を引くたびに登録するので単語帳作成の時間を別にとることもなくなりましたし、
何度繰り返し復習しても単語帳がボロボロにならないし、
枚数が増えすぎて管理ができないという事態にもなりません。

パソコンを使える、あるいはこれから使わなければならない世代にとっては、
キーボード操作に慣れるのに丁度いいとか、説明書など読まなくても最初から使える、
といった感覚ではないでしょうか。

カシオのエクスワードXD-U4800・XD-U4900には、検索機能がたくさんあります。
まず最初におすすめなのは、すぐに使える「かんたんサーチ」。
全部の辞書を一括で引いてくれるので、どの辞書を引くかを考える必要さえありません。
もっと複雑な検索をしたくなったら、次のような高度な検索方法も用意されています。

  • 説明文中の分からない言葉をさらに別の辞書に飛んで調べる(ジャンプサーチ)
  • つづりのあいまいな英単語を調べる
  • イディオム(成句)を検索して、検索結果を狙った単語で整列(センタリング)させる
  • 図・画像・地図から検索する
  • 日本語の単語ひとつから、それを訳語に含む英語の例文を検索する
  • 例文の候補を絞り込む
  • 2つの画面を並べて調べる
  • 辞書の説明文や収録の小説の中の分からない言葉を、
    その画面を表示したまま小窓で国語・英和辞典で調べる

徐々にこれらの検索方法も使ったり、辞書画面にマーカーを引いて単語帳・ノート作成
手書きで暗記カード作成録音機能を使った発音・英会話の練習などをするようになれば、
使っていない生徒とは、学習効率に大きな差が生まれるのではないかと思います。

電子機器による学習環境の差が成績に大きな影響を及ぼすことは
アメリカの教育関連のニュースやブログでも取り上げられていますが、
日本でもこういうものを使うのが当たり前になっていくのでしょう。

高校生のスマホ所持率が上がって、ネット辞書を使うということもあるかもしれませんが、
ネット辞書は内容が制限されていますし、つながりにくいときがあるなどの不便も。
紙の辞書とまったく同じ内容の電子版辞書が収録されている電子辞書なら、
いつでも一瞬で引けるし、内容も勉強に使うのに適しています。
何より「勉強に使うもの以外入っていない」ので、勉強に集中できます。

エクスワードは毎年、
学校の教育現場の状況に即した辞書の選定・改定をしているところが安心できます。
2014年発売のXD-U4800は、
2013年のXD-N4800から収録辞書が10冊増えて150冊になりました。
英会話学習アニメ『リトル・チャロ NY編』や、
リスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』など、独自の内容も。

辞書本体の機能も追加され、録音機能を使った発音の聞き比べや、
別売りのデジタル単語帳 EX-word with XC-U40との連携もできるなど、
学習の補助ツールとしての機能も充実してきました。

(デジタル単語帳 EX-word with XC-U40は、手のひらサイズの単語暗記ツールで、
収録されている『旺文社 英単語ターゲット1900』の1900語の他、
自分でエクスワード上に作った単語帳や検索履歴も転送して、
発音を聞いたり暗記したりに使えます)

何でも調べられて、発音や英会話の練習ができて、学習の記録・管理ができる。
こういうものを いつも持ち歩いていると、
勉強に取り掛かるのが億劫という気持ちは減りますね。
・・・というより、一瞬で答えが出て面白いので、どんどん引いてみたくなると思います。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る