充電が面倒ならACアダプター&長寿命乾電池|EX-word XD-U4800

xdu4800

カシオの電子辞書エクスワードXD-U4800、XD-U4900などの電源は、
単3形のアルカリ乾電池 2本または
eneloop、充電式EVOLTA 2本または
USB-ACアダプターです。

電子辞書は使用時間が同じでも、検索を頻繁に繰り返していたり、
特に動画を再生していたりすると、意外と速く電池を消耗してしまいますね。

すでにスマホやiPodなど、充電するものが沢山あって、これ以上増やしたくない
という方は、外出先では乾電池を使い、自宅ではACアダプターを使うという方が
多いのではないでしょうか。

充電式のeneloopとEVOLTAの比較、急速充電器の記事はこちら

使い捨てのアルカリ乾電池は、交換の手間を減らせる長持ちタイプを調べました。

各メーカーの公式ホームページだけではなく、
個人のブログやサイトでも、いろいろな実験が行われていたので、読み比べてみました。
実験の対象範囲が狭いと、当然結果が違ってきますが、
広く実験を行っているところでは一致しています。

代表的なところを一つ挙げると、
大手メーカー品と(セリア、ダイソー、キャンドゥの)100円ショップ電池を比較した
『くりのブログ』さんの「実験:乾電池長持ち比較テスト」という記事。
早くに脱落した電池を除き、残った19種類(!)の電池のうち、
アルカリ電池の中では、「富士通 D RANGE」が一番長持ちということです。

2位は「セリアのPremium Cell」「ダイソーのGP アルカリ乾電池(No.141)」
「maxell ボルテージ」が同記録。
広告は当てにならないという結果でした……。

adapter

2014年発売のエクスワードXD-U4800、XD-U4900などのXD-Uシリーズや
2013年のXD-Nシリーズに対応したACアダプターは、
USB-ACアダプター AD-XA01

(※追記:XD-SX4800などのXD-SXシリーズ(2020年発売)や、XD-SRシリーズ(2019年発売)、その他の機種のACアダプターについては、こちらの記事にまとめています。
⇒ EX-wordの充電方法と 充電池&型番別ACアダプターは?

コンセントと電子辞書を、ACアダプターを使ってUSB接続でつなぎます。
コードの長さも十分あるので、机の上において、電源を気にせず好きなだけ使えますね。

こちらのUSB-ACアダプター AD-XA01の
現在の最安値については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒ACアダプターAD-XA01 Amazonで最安値を見る

⇒ACアダプターAD-XA01 楽天で最安値を見る

エクスワードXD-U4800・XD-U4900用の充電式電池・充電器はコレ

juudenki

eneloopと充電式EVOLTA、どちらが長もち?

カシオの電子辞書エクスワードXD-U4800・XD-U4900の電源は、
単3型アルカリ乾電池または充電池または
パソコンや別売USB-ACアダプターからのUSB給電になっています。

学校などで使う場合は電池で使うことになりますが、
辞書を引いたあと説明画面を表示した状態で書き写しているときよりも、
どんどん検索しているときのほうが速く電池を消耗するので、
「電子辞書を何時間使った」というだけでは電池の残量把握は難しいです。

ついつい夢中になって調べていると、いきなり電池切れということがよくあるので、
いつも予備の電池を持参しているほうが安心ですね。

エクスワードXD-U4800・XD-U4900は、約130時間使用するごとに乾電池を2本消費
しますが、eneloop(エネループ)と充電式EVOLTA(エボルタ)にも対応しているので、
充電池にすると、ごみも減るし経済的です。

これから購入するという方のために、充電の手間を考え、
eneloop と 充電式EVOLTA のどちらが長もちするのかを調べてみました。

eneloop(BK-3MCC、日本製)と充電式EVOLTA(BK-3MLE、中国製)を使用した、
電子辞書などの約400mAの電流が流れる中程度の電力消費の機器を想定した実験では、
eneloopのほうが11%ほど長もちするそうです。

繰り返し使用できる回数も、
eneloopが約2,100回
充電式EVOLTAが約1,800回

1年後の容量残存率も、
eneloopが約90%
充電式EVOLTAが約80%
と、自然放電抑制技術でもeneloopのほうが勝っています。

価格にほとんど違いはないので(4本パックで差額は100円ほど)、
これから購入なさる方は、eneloopのほうがいいですね。

新型と旧型

eneloop_EVOLTA

eneloopと充電式EVOLTAは 2013年4月にそれぞれ新型が出ています。
eneloopは繰り返し利用回数が1,800回から2,100回に増加(17%増)、
充電式EVOLTAは電池容量が1,900mAhから1,950mAhに増加などしています。
充電器は旧型のものをそのまま使えるということです。

ただし、旧型の充電器はブランドが違う電池には使えず、
「旧eneloop充電器で新eneloopの充電はできるけれど、新旧EVOLTAの充電はできない」
「旧EVOLTA充電器で新EVOLTAの充電はできるけれど、新旧eneloopの充電はできない」
ということなので、すでに旧充電器をお持ちの場合、電池を買い足すときには
充電器とブランドをそろえる必要があります。

これから購入をお考えの方には、
新eneloop(BK-3MCC)×4本と、急速充電器(BQ-CC21)のセット(冒頭の写真参照)が
便利でお買い得です。特徴は以下の通り。

  • 2本を2時間で急速充電できる
  • 1度に4本まで充電でき、電池1本ずつ4つのLEDライトの点灯/消灯で、
    充電中/充電完了の確認ができ、過充電が避けられるので、eneloopの寿命が延びる
  • 新EVOLTAも充電できる
  • 旧型より電池の出し入れがしやすい

我が家では、家じゅうの電池がeneloopに切り替えられつつあります。
これでもう電池を買ったり、使用済み乾電池の回収について考えたりしなくて済みそうです。

エクスワードXD-U4800・XD-U4900は、
シャープのブレーンPW-SH1とは違い、電池で駆動するところも私は気に入っています。
優秀な辞書をそろえた電子辞書ですから、使用時間を気にせずに、
思う存分、使いたいですね。

新eneloopと急速充電器、現在の最安値価格については、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

<新eneloop 4本 + 急速充電器セット>
⇒eneloop+急速充電器セット Amazonで最安値を見る

⇒eneloop+急速充電器セット 楽天で最安値を見る

<新eneloop 4本パック>
⇒eneloop Amazonで最安値を見る

⇒eneloop 楽天で最安値を見る