エクスワードXD-U4800が性能アップ、XD-N4800との違いはココ!

XD-U4800
XD-U4800

2014年1月24日に発売されたカシオの電子辞書 EX-word XD-U4800(高校生モデル)は、
収録辞書・機能・デザインが昨年までとは大きく変わっています。

センター試験の6教科14科目に対応した収録辞書・学習書は、
2013年のXD-N4800より10冊増えて150冊に。
(XD-N4800からXD-U4800へ 増えた辞書のリストはこちら)
XD-U4800全収録辞書のリストはこちら

本体にはスピーキング学習機能が新しく加わり、
英単語や会話文など、お手本の発音を聞くだけではなく、自分の発音を録音して聞き比べ、
確認したり直していくことができます。

この機能を使って、収録されているリスニング教材『絶対「英語の耳」になる!シリーズ』
なども使って練習すると、効率的に正しい発音が手に入りますね。
スピーキングと同時にリスニングの強化にもなるので、おすすめです。
(詳しくは「『英語の耳』がリスニングの救世主に!」の記事に書いています。)

また、別売りの手のひらサイズのデジタル単語帳 EX-word with XC-U40にも対応。
EX-word with には最初から『旺文社 英単語ターゲット1900』の1900語が入っていて、
さらに自分で登録した単語や検索履歴をエクスワードから転送し(USB接続で行います)、
発音を聞いたり、暗記するのに使えます。

国語や漢字検定の学習に便利になったのが、教科書体表示です。
サブパネル(小さいほうの画面)の[教科書体ズーム]をタッチすると出ます。
(漢字辞典の親字は、最初から教科書体で表示されます)

xdu4800_教科書体

なめらかなアウトラインフォントで拡大表示し、
漢字のとめ・はね・はらいを確認して、正しく覚えられます。

試験のとき、こういう配点をキッチリもらうのも、積み重なると大きいですね。
教科書などの印刷されたもので確認する必要がなくなり、
すべてデジタルで調べられて、履歴で見直しもできるので便利です。

今回のバージョンアップで最初に目についたのは、
デザインがシンプルで洗練された感じになったことです。
例えばビビッドピンクで比較したのが、下の写真です。

XD-N4800VP_XD-U4800VP

キーボード周りの色が本体内側と同じになり、キーボードの文字が見やすくなりました。
それぞれのカラーはキーの側面など差し色程度になって、画面に集中できる感じです。
洗練されていて邪魔にならない、高校生向けの電子辞書としてはピッタリのデザインですね。

詳しくは、ヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。
下記のリンクから現在の最安値価格がリアルタイムで確認できます。

<XD-U4800>
⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

<XD-N4800>
⇒XD-N4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-N4800 楽天で最安値を見る