簡単に英作文!EX-word XD-U4800なら日本語で5辞書から例文抽出

xdu4800

英作文をするときに、主語は何で、動詞は何で……と考えていって、
「動詞はこれとこれのうち、どっち?」
「この場合の前置詞は?」
と悩み始めて、先に進まないことがありますね。

そもそも何を主語にすべきかで悩むことも。

でも検索機能の充実した電子辞書なら、よく似た例文(実例)を簡単に見つけられるので、
悩む前に調べてしまえます。

CASIOのエクスワードXD-U4800を使って、使いたい日本語1語から、
それを訳に含む英語の例文を一度にたくさん表示させる方法
をご紹介します。

たとえば、「確認」という言葉を使った例文を探す場合。

  1. まずキーボード最上段の左から2つ目「複数辞書検索」キーを押します。
  2. 次に画面上の「日本語キーワードで英語の例文を探す」をタッチします。
  3. keyword1

  4. 次に「確認」と入力するとこんな感じに表示されます。
  5. keyword2

「予約を確認」は confirm one’s booking
「ブレーキが正しく作動することを確認する」は check that the brakes work properly
「安全であるかどうかを確認する」は Ascertain whether they are safe or not.

など、この場合は11件表示されました。
並んだ例文を見て動詞を決定でき、同時に前後の表現もそのまま使えるので、
自信を持って文を完成させることができます。
最初に思い浮かんだ動詞を look, make sure of… と一つずつ引いてみるよりも速いし、
思わぬ動詞がぴったりだと分かって、あっけなく完成ということも。

例文は、『ジーニアス英和辞典 第4版』
『オーレックス英和辞典』
『ベーシックジーニアス英和辞典』
『英会話とっさのひとこと辞典』
『とっておきの英会話表現辞典』
5つの辞典から一度に抽出されるので、同じ動詞でもたくさんの例文が得られ、
より目的に近いものを利用
することができます。

これを繰り返せば、長い文もパズルのように埋まっていきます。

英語は調べ物を早く済ませて、なるべく暗記に時間を使いたいですね。

他にも「かんたんサーチ」など、
用途に応じて多彩な検索機能を使い分けられるエクスワードXD-U4800。
現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

スマホがあっても電子辞書は必要?|CASIO EX-word XD-U4800

xd-u4800_3

スマホを持っている高校生は増えていますね。
総務省の調査によると、全国の高校1年生のスマホ所持率は84%。
ネット辞書の利用も当たり前になっています。

それでも、電子辞書の売り上げは伸びているといいます。
学校の授業で、電子辞書を使って素早く調べる方法を教えることが多くなり、
(授業に集中するため)スマホや携帯の使用/所持を禁止する学校が増えている
などの理由があるようです。

そこで本当にスマホや家のPCで代用はできないのか、どちらがいいのか、
いくつかの点について比較してみました。

<辞書の内容に信頼がおけるか>
まず辞書の内容が最重要ですね。
電子辞書なら収録辞書の選び方が適切だし、
項目ごとの説明文も、ネット辞書のように文字数を制限されず、紙の辞書と同じ内容です。
広告も出ません。勉強に使う辞書としては電子辞書のほうが有利。

<即時性>
PCやスマホでネット辞書を使っていると、表示が遅くて「待たされる」ことがあります。
この待ち時間のために集中力が切れるのはもったいないし、ストレスになります。
電波状況を気にしなくても、「いつでも一瞬で」検索結果を出してくれるという点でも、
電子辞書がいいかも。

<視認性>
ひと目で見渡せる文字数という点では、圧倒的にPCが有利です。
一つの単語に複数の意味を持つ多義語の意味も、下へ向かって視線を動かせば速く探せるし
その単語の持つ大体の範囲や中心義をつかみやすいという利点もあります。

スマホや電子辞書は携帯することが前提なので、画面が小さいのは仕方がないですね。
ただ、スマホよりは電子辞書のほうが一画面当たりの文字数が多く、
エクスワードXD-U4800などのXD-Uシリーズと、XD-Nシリーズでは
画面に直接触れてなぞればゆっくり、弾けば素早く送れるので、
数年前の電子辞書に比べると視認性はかなり上がっています。

scroll

<集中と効率>
メールだとかLINEだとか、勉強の途中で邪魔が入らないということも重要です。
何でもできるスマホで調べものをするのは効率が悪いような気がします。
勉強だけに集中できる電子辞書を使って早く勉強を終え、
そのあと自由時間を持ったほうが、ストレスが少なくていいですね。

<検索の種類>
検索の種類の豊富さについては、やはり電子辞書が一番。
エクスワードXD-U4800でいうと、ラクなのが「かんたんサーチ」
一度検索語を入力すると、複数の辞書を同時に引いて、
該当する項目のリストを出してくれるので、最も早く答えに行き着ける方法です。

かんたんサーチ2

その際、検索語を入力してから検索ボタンを押すのではなく、
調べたい言葉を一文字入力するごとに検索結果をすぐに表示
してくれるので
(インクリメンタルサーチ、または逐次検索というそうです)
最後まで入力する必要さえありません。

一度引いた言葉の説明文の中に分からない言葉があるときに、
それをタッチしてさらに調べる
こと(孫引き)も一瞬です
(連続10回までジャンプできます)。

そこから百科事典の図へ飛んだり、逆に百科事典の図から名前の分からないものについて
調べていくことができたり、英語の辞書のイラストから単語を調べたりと、
面白くてどんどん調べられるのが、電子辞書の楽しさだろうと思います。
 

スマホと電子辞書について比べてみましたが、いかがでしょうか?
高校生モデルといっても、150冊の辞書・学習書・百科事典などの内容は本格的ですし、
側面にある2基のカードスロットに、SDメモリーカードで辞書を足せるので、
10年は使えます。

辞書内にタッチペンで書き込んで単語帳やノートを作ったり、英語などの発音を聞いたり、
自分の声を録音してお手本と聞き比べたりと、勉強のツールとして便利です。

どこにでも持ち歩いて、ちょっと気になったことも調べる、履歴を見直す、
という習慣がつけられるエクスワードXD-U4800。

現在の最安値価格を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

エクスワード XD-U4800:優秀辞書を簡単検索で今すぐ使える!

XD-U4800

高校生になると、急に勉強の内容が増えて忙しくなります。
調べ物はなるべく手早く済ませたいものですね。

カシオの電子辞書エクスワード XD-U4800には、高校の授業やセンター試験に対応した
150冊の辞書や学習書が収録されています(全リストはこちら)。
いずれも教育関係者の評価・生徒の声などを反映し、選び抜かれた良書。
それも毎年、最新の辞書に入れ替えられているので安心して使えます。

そして重い辞書を何冊も持ち運ばなくても、小さな本体一つで済むというだけではなく、
電子辞書ならではの検索方法が用意されているので、時間と労力を一気に省いてくれます。

中でも便利なのが、全辞書を一括で引ける「かんたんサーチ」です。

使い方は、いたって簡単。

  1. キーボード左上の[かんたんサーチ]キーを押す
  2. 調べたい言葉が日本語かアルファベットかを選ぶ
  3. かんたんサーチ1

  4. 調べたい言葉を入力する
  5. かんたんサーチ2

すべての辞書を横断して検索するので、どの辞書を引いたら載っているのかを考えなくても、
とりあえず全部引いて検索結果リストの上から見ていけば、求める言葉が上のほうに出ている
という感じです。

しかも3. で、知りたい言葉を最後まで入力しなくても、一文字入力するごとに候補が出る
(インクリメンタルサーチ<逐次検索>ができる)ところが、
とにかく短時間で答えに行き着きたいユーザーには嬉しい機能です。

たとえば kaleidoscope(万華鏡)を調べるとき、
k」と入力した時点で、「k」で始まる単語を全ての辞書で引いた結果が表示され、
続いて「a」と入力した時点で、「ka」で始まる単語のリストに切り替わる
という仕組みです。

単語によっては2、3文字入力しただけで画面内に目的の単語が出てくるので、
大量の調べものも軽くこなせます。

「ka」まで入力すれば、「kaleidoscope」が出てきます。

辞書を一つ引いて、載ってないからまた別の辞書を引く、という孫引きを繰り返す、
あのストレスを避けられるので、私はいつも「かんたんサーチ」を使用。
慣れてくると、「この言葉は大体何文字くらい入力すると出てくる」というのがあらかじめ
分かるようになるので、リストを見るのも1回です。
調べものは、どんどん速くなります。

辞書引きは早く終わらせて、問題を解くなり、暗記するなり、遊ぶなり、
自分の時間を大切にしたいですね。

エクスワードXD-U4800の現在の最安値を、下のリンクからご覧になれます。
詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。

⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る