学校でAZ-U4700eduを買えなかった方、XD-U4800のほうが◎です

※追記:2020年の学校専用と市販の違いは、こちらの記事にまとめています。
⇒ 学校専用AZ-SV4750eduと市販XD-SR4800の違いは?

学校の斡旋で、教科書を取り扱っている書店が販売する電子辞書は、
「カシオのEX-word AZ-U4700edu」「シャープのBrain PW-HC4」から選ぶ
という形が多いですね。

XD-U4800_color4
↑カシオ エクスワード XD-U4800

お近くの書店で在庫切れになっているとか、書店のものはちょっと高いとお感じの方は、
この2機種にはどちらも同等の市販品があるので、こちらがオススメです。

↓シャープ ブレーン PW-SH1
pw-sh1_color

市販モデルはカシオが「EX-word XD-U4800」、シャープが「Brain PW-SH1」になり、
家電量販店やネット通販で手に入ります。

どちらも本体の機能はすべて共通していて、違いは、
収録辞書の一部が入れ替わっていることと、カラー・バリエーション、
保証期間、カバーなど
の付属品です。

学校モデルには大抵3年保証とカバーが付属していますが、
市販モデルは1年保証で、カバーは付属しません。
が、市販モデルに5年保証をつけてカバーを買ったほうが安くなります。

残る、収録辞書とカラーの違いを見てみます。

<カシオ>
学校モデルのEX-word AZ-U4700eduは140冊収録で売りは『ビジュアル学習国語便覧 』。
カラーは電子辞書本体がホワイトのみ、カバーはブラックのみ。

市販モデルのEX-word XD-U4800は150冊収録で、
売りはTOEIC対策用の単語集・問題集と、7ヵ国語の会話集。
カラーは電子辞書本体がホワイト・ブラック・ブルー・ビビッドピンク・グリーン・オレンジの6色、
カバーはブラック・ホワイト・ブルー・ライトピンク・ビビッドピンク・ブルー(新色)・
ピンクの7色です。

収録辞書について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
カバーについては、上のメニューからご覧ください。)

<シャープ>
学校モデルのBrain PW-HC4は150冊収録で、売りはTOEIC対策用の英文法・単語集。
電子辞書本体のカラーはホワイト系のみ、カバーはブルーのみ。

市販モデルのPW-SH1も150冊収録で、売りは単語集『でる順パス単 英検3級/準2級/2級』。
電子辞書のカラーはブルー系・バイオレット系・ホワイト系・ブラック系・ピンク系の5色、
カバーはシルバー・ブルー・レッドの3色展開です。

学校の方針にもよると思いますが、電子辞書は長く使うものですし、
好きな色のほうが楽しく勉強できるかもしれませんね。

詳しくは、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店よりもお得な大手通販サイトで。
下記のリンクから現在の最安値価格がリアルタイムで確認できます。

<カシオ エクスワード XD-U4800>
⇒XD-U4800 Amazonで最安値を見る

⇒XD-U4800 楽天で最安値を見る

<シャープ ブレーン PW-SH1>
⇒PW-SH1 Amazonで最安値を見る

⇒PW-SH1 楽天で最安値を見る