カシオ電子辞書XD-SV4750を通販で購入したい方はコチラ!

こちらは、カシオから学校専用モデルとして発売され、2020年春に学校の購買や書店などを通じて販売された、高校生用の電子辞書 EX-word(エクスワード)XD-SV4750(学校パックの型番=AZ-SV4750edu)を、通販で購入したい方のための記事です。

2021年3月23日追記:昨年、一度販売を終了しましたが、2021年春にも、同じXD-SV4750の販売が開始されています。カシオに問い合わせたところ、2020年のEX-word で文部科学省の新学習指導要領や大学入学共通テストにすでに対応しており、2021年には高校生用の電子辞書の新製品は発売しないということです。これが最新機種になります(追記終わり)。

学校専用モデルXD-SV4750とは

カシオから発売される高校生用の電子辞書は、学校専用モデルと、市販モデルに分かれています。
どちらも本体の機能はまったく同じで、収録されている辞書・参考書類が、わずかに違います。

学校専用モデルは学校の購買・生協・書店などを通じて販売され、全国一律で定価販売ですが、市販モデルは値動きがあり、安く購入することができます。

市販モデルを購入する場合、選択肢は、同じく2020年に発売された最新機種と、2019年以前に発売された型落ち品とになります。

電子辞書本体は、最新機種は学校専用モデルとまったく同じですが、型落ち品は改良前のものになるかわりに、割安です。
それぞれ、ご紹介していきます。

最新機種は「XD-SX4800」

市販スタンダードモデルXD-SX4800の学校専用モデルとの違いは、本体の色が選べる、収録辞書類がわずかに違う、ということです。

XD-SX4800は5色展開

学校専用モデルは本体の色がホワイトのみですが、XD-SX4800スタンダードモデルはホワイト、ブラック、グリーン、ブルー、オレンジの5色展開です。
xdsx4800-colors

XD-SX4800の収録辞書類

収録辞書・参考書類の数は、学校専用モデルの220コンテンツと同じですが、7コンテンツが入れ替わっています。

<学校専用モデルより減ったもの>

ビジュアルカラー国語便覧
オックスフォード連語辞典
小論文入試 パターン別書き方ガイド
COCET2600 理工系学生のための必修英単語2600
日本国憲法
常用漢字の難読辞典
合本俳句歳時記 第四版

国語便覧は、学校で紙の本で購入している人が多いでしょう。紙で一覧しないと覚えにくいものではあります。

<学校専用モデルより増えたもの>

Trouble Passport 日本語→英語版
Trouble Passport 日本語→スペイン語版
Trouble Passport 日本語→ドイツ語版
Trouble Passport 日本語→フランス語版
Trouble Passport 日本語→イタリア語版
Trouble Passport 日本語→中国語版
Trouble Passport 日本語→韓国語版

Trouble Passportは、ホームステイ中、海外旅行中などにトラブルに巻き込まれたり、災害に遭った時の会話を円滑に行う為の会話サポートツールです。

XD-SX4800の価格

学校専用モデルXD-SV4750は、31,000円
XD-SX4800の価格は、お店によってバラつきがあり、カラーによっても違い、最安値はAmazonで26,305~28,212円です。(2021年5月2日現在)

また、現在Amazonでは、XD-SX4800に「カラフル付箋」または「マスクケース」のついたオリジナルセットがお買い得です。
5月31日まで、31,000円が2000円引きクーポン+310ポイントつき、実質28,690円で購入できます(在庫限り)。
□¥2,000 OFFクーポンの適用 にチェックを入れてから、カートに入れてください。

在庫が少なくなっている色もあるので、ご購入はお早めに。

<2020年発売 XD-SX4800>
⇒ XD-SX4800 グリーン Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SX4800 ホワイト Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SX4800 オレンジ Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SX4800 ブラック Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SX4800 ブルー Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SX4800 アマゾンオリジナルセット 現在の価格を見る

⇒ XD-SX4800 楽天で現在の最安値を見る

1年型落ちの機種は「XD-SR4800」

2019年に発売された市販モデルは XD-SR4800(スタンダードモデル)です。
本体の機能の、最新機種との違いは3つです。

(1) 本体記憶容量が200Mと、300M小さい。
登録できる単語数が減りますが、通常の使用には、それほど影響はありません。

(2) 液晶画面にブルーライトカット機能がない。
液晶画面をタッチペンによる傷から保護するために保護フィルム(保護シート)を貼る場合、ブルーライトカット機能のあるものにすると良いでしょう。液晶画面の大きさは、XD-SRシリーズもXD-SXシリーズも同じですので、保護フィルムは共通して使えます。
 参考記事: ⇒ XD-SX4800・XD-SX4900の保護フィルム(シート)はコレ!

(3) 無線通信機能がない。
追加コンテンツ(辞書データ)をネットで購入した場合に、Wi-Fiで直接ダウンロードすることはできませんので、PCとUSBケーブルでつなぐか、SDカードで購入して本体側面のスロットに挿入することになります。

XD-SR4800は5色展開

学校専用モデルは本体の色がホワイトのみですが、XD-SR4800スタンダードモデルはホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、ブルーの5色展開です。
XDSR4800-colors
これ以前の機種に比べて画面のフォントが格段に見やすくなったため、型落ち品の中では、この2019年の機種がおすすめです。

収録辞書類については、詳しくまとめた記事がありますので、こちらをご覧ください。
⇒ 学校専用AZ-SV4750eduと市販XD-SR4800の違いは?

価格は、1年型落ちのため、お買得になっています。

最安値は色によって違いますが、Amazonで 24,544~28,800円です(2021年5月2日現在)。

在庫が少なくなっている色もあるので、ご購入はお早めに。

<2019年発売 XD-SR4800>

⇒ XD-SR4800 Amazonで現在の最安値を見る

⇒ XD-SR4800 楽天で現在の最安値を見る